3,000円無料でゲットできるキャンペーン>>詳細はこちら

NFTのガス代(手数料)はいくらかかる?OpenSeaでガス代の節約法

この記事の筆者は実際にOpenSeaでNFTを購入しています。

NFTのガス代ってどうやって調べればいいかわからない…。教えて欲しい…!

NFTって結構複雑ですよね。

僕は最初ガス代って聞いたときは家の光熱費がなんでNFTにかかるんだ?と思っていました。

今回の記事では以下のことについて解説していきます。

この記事を読んでわかること
  • NFTのガス代の仕組み
  • ガス代の価格を調べる方法
  • ガス代の節約術
目次

NFTのガス代はいくらかかる?

NFTのガス代とは

NFTのガス代とは一言で言うとNFTの取引の際に生じる手数料のことです。

NFTの取引にはイーサリアムという暗号資産が用いられ、そしてイーサリアムのブロックチェーン上で「いつ・誰が・誰に・何を支払った」という取引情報が管理されています。

このブロックチェーンへの取引情報の記録はOpenSeaなどのNFTの取引所や、暗号資産取引所が行っているわけではなく、マイナー(採掘者)と呼ばれる人が行ってます。

ですので、マイナー(採掘者)に支払われる手数料がガス代ということになります。

そして、マイナー(採掘者)に支払う手数料はNFTの取引量によって日々変動しています。

ガス代は「Gwei(GAS単価)×ガスリミット(GASの上限)」で計算することができます。

全体的にイーサリアムの取引量が少ないとGwei(GAS単価)が安くなり、多いと高くなります。

ガス代は結局のところ需要と供給で決まるのです。

どういうときにガス代が発生するのか

ガス代が発生する場面
  • NFTを購入する
  • NFTを売却する
  • NFTをだれかに送る
  • NFTを発行する

ガス代が発生する代表的なタイミングを挙げてみました。

つまりはNFTの所有権やイーサリアムの所有権をだれか他の人に移管するときにガス代は発生します。

現在のガス代を調べる方法

現在のガス代を調べることができるサイトを2つご紹介します。

Ethereumprice.org(イーサリアムプライス)

Ethereumprice.org(イーサリアムプライス)はイーサリアムのガス代に特化したサイトです。

このサイトでは1週間分のガス代(Gwei)がチャートで表示され、15分ごとのガス代が確認できます。

加えて、時間帯曜日別に細かく細分化したガス代のヒートマップを確認することができるので、どの曜日、時間にガス代が高くなるのかを分析することができます。

この場合ですと、金曜日の午前1時にガス代が高くなっていることがわかります。

livdir.com

こちらのlivdir.comでもガス代を確認することができます。

チャートで表示できる期間も「24h・7d・30d・MAX」の中から選択することができ、30分単位のガス代を確認することができます。

加えて後でご紹介するポリゴンのチャートも同様に確認することができます。

これまでのガス代の推移を確認するときに便利です。

OpenSeaでガス代の節約法

結論:Polygon(ポリゴン)というブロックチェーンを使えば手数料が無料になる。

Polygon(ポリゴン)とは

Polygon(ポリゴン)はイーサリアムの課題であるユーザー過多が原因の情報処理遅延、手数料高騰の問題を解決するために作られた新たな技術です。

イーサリアムと比べるとかなり手数料を抑えられるが、イーサリアムからポリゴンに変換するときはガス代がかかることに注意してください。

イーサリアムからPolygon(ポリゴン)に変換することをブリッジと言います。

このブリッジに関して以下の記事でも解説しているので、是非ご覧ください。

Polygon(ポリゴン)でNFTを買う方法

ここからはOpenSeaにてPolygon(ポリゴン)をしたNFTを購入する方法を解説します。

OpenSeaでNFTを買う方法については「【体験談】OpenSeaでNFTを買う方法を徹底解説」にて体験談も踏まえて解説しておりますので、そちらをご参照ください。

STEP
OpenSeaを開く

まずOpenSeaにメタマスクを連携してください。

STEP
Polygon(ポリゴン)で購入したいNFTのジャンルを選択

今回の場合はAll NFTsを選択しましたが、Artなどの他のジャンルを選択いただいでも大丈夫です。

STEP
ChainのところでPolygon(ポリゴン)を選択

選択終えたら、ChainのところからPolygon(ポリゴン)を選択すると、Polygon(ポリゴン)で購入できるNFTが表示されます.

以上が、OpenSeaでのポリゴンの購入方法になります。

【まとめ】Polygon(ポリゴン)でガス代は節約できる

Polygon(ポリゴン)を使用することで、ガス代をかけずにNFTを購入することができます。

しかし、ETH(イーサリアム)→Polygon(ポリゴン)に変換するときはどうしてもガス代がかかってしまいますのでご注意を。

ガス代を完全に無料でNFTを購入することはできませんが、ETH(イーサリアム)に変換するガス代と比べて、Polygon(ポリゴン)に変換するガス代の方が遥かに安いことに変わりはありません。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる