3,000円無料でゲットできるキャンペーン>>詳細はこちら

【必読】大学生のQOLが爆上がりするアイテムと副業

この記事は筆者が大学4年間を過ごした経験をもとに執筆しています。

悩める大学生

QOLってどういう意味?
今の生活をもっと豊かにしたいんだけど、何をしたら良いのだろう…
わかる人教えて欲しい!

今回はこのような疑問にお答えしていきます。

QOLとは”Quality Of Life”の略で、「生活の質」あるいは「人生の質」という意味を表します。

この記事を読むことで、そんなQOLを爆上げしてくれるアイテムと副業についてわかります。

最後には、やってはいけないQOLが下がってしまうことについても言及しているので是非最後までご覧ください。

目次

大学生のQOLを向上させるアイテム

早速、大学生がQOLを向上させるアイテムを4つ厳選してご紹介していきます。

  1. iPad
  2. プロテイン
  3. Air Pods
  4. ルンバ

その前に、大学生なら絶対に入っておきたいのがこのAmazon プライム Studentです。

Amazon プライム Studentは学生のみが加入することができる超おトクなプライム会員です。

その特徴はなんといってもプライム会員が月額500円かかることに対してプライム Studentは月額250円でプライム会員と同じ特典、サービスを受けることができます。

加えて、本を購入すると最大でポイントが10%還元されるという点も、プライム Studentの特徴の1つです。

Amazon プライム Studentは学生のうちしでしか入れないおトクなサービスなのでこの機会に入っておくことをおすすめします。

それでは、早速本題へと入っていきます。

【大学生のQOLを向上させるアイテム①】iPad

iPadがあるとノートはもういらないかも。

以下の機能がiPadを使うことで、iPad1つで完結しちゃいます。

  • 講義中のメモ
  • 教授が解説している音声の録音
  • 講義で使用されているスライドあるいは板書の撮影

ノートだとどうしても、講義ごとに用意しないといけなかったり、レジュメにメモしてても管理が大変だったりしますよね。

一方で、iPhoneだと、録音や撮影はできるけれど、メモするには画面が小さすぎたりして、とてもメモできる大きさではありません。加えて、フリクションで入力するにしても、機能性が悪すぎます。

そこで、iPadを使うことで、ノートの良いところとiPhoneの良いところを1つにまとめてくれるので、とても便利です。

トニー

実際に僕が大学の講義で使ってみた感想は、超便利ということ。
ただApple Pencilなどのスマートペンシルと一緒に使って初めて効力を発揮します。

とはいえ、iPadって結構コストが高いですよね…

【2022裏ワザ】Apple製品を安く買う方法(Mac Book,iPad,Apple Watch,iPhone他)】の記事で少しでもおトクにApple製品を購入する方法について解説しているので、ご参考ください。

【大学生のQOLを向上させるアイテム②】プロテイン

\ 1食たったの70円!/

僕がプロテインを飲んでいた用途は以下の2つです。

  • 筋トレ後のエネルギー補充
  • 朝食

プロテインって筋トレ専用みたいなイメージはありませんか?

実は、プロテインは朝食代りにも利用することができます。

トニー

僕は朝が超弱くて固形物が喉を通らないので、プロテインを飲んでいました。

人は朝起きてエネルギーを補充しないと、頭が働きにくく、午前中のパフォーマンスが低下します。

朝食食べたいけど、パンと果物は食べる気分じゃないしな…と思ったことが、朝食プロテインを飲むようになったきっかけです。

従来の用途である筋トレにも使える他、朝が弱い女子でもプロテインはまじでおすすめ!

ただ、ずっと同じ味だと飽きるので複数の味を用意しておくといいかも。

【大学生のQOLを向上させるアイテム③】Air Pods

¥22,838 (2022/04/27 19:07時点 | Amazon調べ)

なんやかんやであったら便利なのがこのAir Pods です。

選んだポイントは、無線イヤホンのスタイリッシュさとiPhoneとのシナジーの良さです。

Air Pods Proはこんな人におすすめ。

  • 服をオシャレに着こなしたい人
  • 通学中などの移動の際、音楽をよく聞く人
  • iPhoneユーザー
  • ジムによく行く人
  • ランニングなどの運動をする人
  • 何かしながら電話する人

1点、充電しなければならないという煩わしさがあるものの、十分すぎるパフォーマンスを発揮してくれます。

例えば、AirPods (第 3 世代) だと1回の充電で最大6時間音楽を再生することができます。

【大学生のQOLを向上させるアイテム④】ルンバ 692

これは一人暮らしをされている方向けですが、ルンバ 692は本当に便利です。

ルンバ692はアマゾン限定で、他のルンバと比べて最低限の機能に絞っているから安く手に入る。

トニー

家事って結構面倒ですよね…ズボラな性格の僕はルンバ692を買うまでは常に掃除は後回しにしてきた人間でした。人が来る日は片付けるみたいな…笑。

ルンバ692のようなお掃除ロボットを使うことで、掃除をする手間が大幅に省ける他、床に物を置かなくなるという癖が身に付きます。

また、ルンバの手入れも超簡単、1週間に1度ゴミの日に合わせて、機械にたまったゴミをパパッと捨てるだけです。

そんなルンバ 692をおすすめしたいのは以下に当てはまる人です。

  • ズボラな人
  • 家事が苦手な人
  • 機能性にしぼったコスパの良いルンバを使いたい人
  • 床に物を置いたり、片付けの癖がついていない人

今はルンバに限らずいろんなお掃除ロボットがありますので、掃除機を買う前に、ルンバを検討してみては。

大学生のQOLを向上させる副業

  1. ブログ
  2. 株式投資
  3. クラウドソーシング
  4. ポイ活

【大学生のQOLを向上させる副業①】ブログ

ブログで稼ぐ仕組み

ブログ内に広告(アフィリエイトリンク)を貼ってそのアクセス数または成約によって収益が発生する。

サーバーに登録(※アメブロなどの無料のサーバーではアフィリエイトリンクを貼ることができない)したら、あとはワードプレスをダウンロードして記事を投下していきましょう。

複数のテーマの記事を書くよりは、ある程度テーマを絞った方が稼ぎやすいです。

トニー

記事の内容は自身の経験に基づくことをテーマにすると書きやすい!

気になる初期費用

パソコンを持っているならサーバーの料金だけなので、¥15,000/年間 程度で始められます!!

【大学生のQOLを向上させる副業②】株式投資

株式投資で稼ぐ仕組み

株式を売買することで、(キャピタルゲイン)売却益(インカムゲイン)配当益が得られる。

売却益とは、株を売買したときに発生する差額のこと。

配当益とは企業が定められた月に株主に分配する配当金。

証券口座に登録するだけで始めることができます。

証券会社はさまざまありますが、ネット証券とよばれるSBI証券松井証券などで開設する方が何かと手数料が安いので迷ったらネット証券で良いとおもいます。

また「株をほったらかしにしたい」、「時間をかけて資産を増やしたい」というかたは投資信託などプロのトレーダーに任せる投資信託や、インデックス(市場の動きを示す指数)と同じ値動きをする株に投資するインデックス投資などがおすすめ。

気になる初期費用

株は最低購入単位が決まっており(100株〜)、1株数千円とすると、最低でも数十万円は必要になります。

最低でも20万円ほど用意しておくのがベストです。※最低購入金額が少ないミニ株というのがある。

【大学生のQOLを向上させる副業③】クラウドソーシング

クラウドソーシングで稼ぐ仕組み

クライアントから仕事を受注し、仕事を納品することでその報酬を得る。

クライアントとユーザーを仲介するクラウドワークスなどのサイトに登録し、案件を獲得します。

案件と言っても、アンケート回答などの簡単なことから、動画編集などスキルが必須のことまで様々です。また取り扱うジャンルも多種多様です。

ですので、まずは実績を作るという意味でも、アンケート回答の案件や、経験に基づく記事作成依頼の案件から始めましょう。

気になる初期費用

クラウドソーシングサイトの登録だけなら0円

【大学生のQOLを向上させる副業④】ポイ活

ポイントサイトで稼ぐ方法

ポイントサイトに登録し、クレジットカード申し込みなどの案件をこなす。

ポイントで稼ぐことは地道でめんどくさい作業ですが、人と関わることがなく、考えることなくできるので、苦にはならないです。

小遣い稼ぎくらいには稼げるのでおすすめです。

クレジットカードを短期間で何枚も申し込むとカード会社に承認されなくなりますので、カード案件をこなす際はご注意を。

気になる初期費用

0円。登録も無料。

お勧めしない副業

MLMビジネスやねずみ講、マルチ

人を紹介することで稼げる仕組みになっているビジネスは、それが犯罪であろうがなかろうが、いずれは友達や最悪の場合家族を失うことになりかねません。

トニー

人から信用されなくなってします可能性が高いのでやめた方が良いと考えます。

また、稼ぎ続けるには、永遠に人を勧誘し続けなければいけませんし、ずっと商品を買い続ける、もしくはずっと買ってもらい続けないといけないので意外と労力がかかります。

リスクと報酬に見合ってないことが大半なので、割りに合わないかと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる