3,000円無料でゲットできるキャンペーン>>詳細はこちら

【失敗しない】大学生からの株の始め方|学年別のおすすめ証券会社

この記事は、20年卒の社会人兼投資家が大学生活の実体験をもとに書いております。

「株ってなんか難しそう、、大学生でも始められるのか教えてほしい!」

トニー

ご安心ください。大学生でも未成年でも株を始めることができますよ!

今回はそんな株の始め方に加えて株のメリットや注意点についても触れ、易しく解説してみました!

この記事を読んでわかること
  • 大学生からの株の始め方
  • 稼ぐための心得を3STEPで解説
  • 株のメリットと注意点
目次

大学生からの株の始め方

大学生って、学年ごとに状況が変わるので、株式投資の始め方について学年別に解説していこうと思います。

また、証券口座は未成年でも学生でも口座開設することができますのでご安心ください。

大学1年生からはじめる株式投資

大学1年生は、サークルに講義、バイトと忙しい時間を過ごすことになるでしょう。

加えて、「バイトも始めたばかりで、あまり株式投資に回せないよ、、」ということも考えられます。

トニー

実は証券会社のキャンペーンを利用すると報酬がもらえるってご存知ですか?

実はLINE証券を利用すれば、口座開設すると最大4,000円相当のキャンペーン報酬+1株から株を購入できる「いちかぶ」を利用できるというメリットがあります!

まだまだ、投資に回せる資金は余裕がないけれど、やってみたいという方におすすめです。

大学2年生、3年生から始める株式投資

大学2年生、3年生は学校やバイトにも慣れてきて、株式投資の軍資金は1年生のときよりも余裕があるかと思います。

そんな大学2年生、3年生におすすめなのは楽天証券です。

楽天証券楽天ポイントを投資に使える他、貯めることもできます。

さらに無料で読める情報誌(日経テレコンや四季報など)が豊富にあります。

貯めた楽天ポイント楽天経済圏と呼ばれる楽天グループのサービスなど、幅広いところで利用可能というメリットがあります。

大学4年生以降から始める株式投資

大学4年生は前半こそ就活で忙しくなりますが、後半は単位が取れていればかなり時間に余裕がある生活になると思います。

一方の資金面では、大学1年生よりも余裕があるのではないでしょうか。

大学4年生以降は時間に余裕がある分、デイトレにも挑戦できます。

デイトレは平日の9時〜15時の間までにしかできない株式投資手法で、社会人になり会社に勤めるとなかなかデイトレを経験できません。

なので、デイトレも視野に入れた松井証券をおすすめします。

松井証券「25歳以下は株式取引(現物・信用)の手数料が無料」そして、「トレードツールが使いやすい」といった特徴があります。

もちろんデイトレだけでなくもちろん長期投資も可能なのでご安心ください!

大学生の株の始め方まとめ

大学生の株の始め方を学年ごとに比較してみました。

補足として、例えば大学2年生だからといってLINE証券はおすすめじゃないというわけではありません。

LINE証券の最大4,000円相当のキャンペーンはどなたでも受け取ることができます。

また、証券口座は1つだけという決まりはなく、複数口座開設することができるので、ご自身にあった証券会社を選択してみてください。

主要ネット証券 おすすめ順特徴
\ 最大4,000円相当もらええる /

(5 / 5.0)
LINEアプリからできるので始めやすい
LINEアプリから出入金可能
1株から取引できる「いちかぶ」の取引手数料が無料

(5 / 5.0)
楽天ポイントが貯まる&使える
取引ツールが使い放題
情報誌の取り扱いも多数

(5 / 5.0)
IPO取り扱い銘柄が豊富
外国株式の取り扱いが豊富
信頼と実績

(4.5 / 5.0)
  25歳以下は株式取引(現物・信用)のボックスレート手数料が無料
1日の売買代金50万以下なら手数料が無料!
NISA手数料が永久無料
SMBC日興証券
(4.5 / 5.0)
 IPOの取扱銘柄が多数
  dポイントが貯まる
 セミナーが豊富
マネックス証券
(4 / 5.0)
  米国株の取扱銘柄が豊富
完全公平なIPO
オリジナルファンドへの投資
auカブコム証券
(4 / 5.0)
 自社開発ツールがランキングNo. 1
1日100万円まで手数料無料
  オンラインセミナーが毎週ある
 

【3STEP】大学生が株を始める流れ

株を始めるための準備、心得を3ステップでご紹介します。

STEP
証券会社を選ぶ

まずは証券会社で口座開設をしましょう。

先程、大学生の学年別におすすめの証券会社を紹介させていただきました。

【7社比較】初心者におすすめ証券会社|何歳から口座開設できる?」の記事にて他の証券会社の特徴や口コミをまとめて比較していますので、どうぞご覧ください。

STEP
株の参考書を買う

「株って一体どういうものなのか」、「自分に向いてそうな投資手法」などが、何となくわかってきたら株の参考書を使って対策していきましょう。

下記の記事では、難易度別、レベル別でおすすめの株の参考書を紹介しているのでご参考ください。

STEP
購入する銘柄の分析

証券会社に登録をしたら、いよいよ実際に購入する株の銘柄を分析していきましょう。

分析を行う方法は様々ですが、僕は下記に着目して銘柄購入の是非を判断しています。

  • サービスの質の良さ、及びユーザー数の増加率
  • 四半期ごとのEPSの増加率
  • チャートが上昇傾向
  • 財務状況
  • 出来高    
STEP
株を購入する

大まかな注文の方法として成行注文指値注文があります。

成行注文は売買する価格を設定せずに、現時点で注文を入れる方法のことです。

一方の指値注文とは、価格を指定して注文をいれることです。

初心者のうちは、指値注文がおすすめです。

STEP
利確or損切り

株を買う前にきめたルールに従い購入した株を売却しましょう。株を買ってから、売るときのことを決めていては正常で冷静な判断ができなくなる可能性があります。

「価格は50%以上上昇したら利確しよう」、「10%値を下げたら損切りしよう」などと最初から決めておきましょう。

特に損切りは重要で、株式投資において一番重要と言っても過言ではありません。

参考ページ:【賢者は歴史に学ぶ】投資初心者にとって重要な損切りのルール

STEP
株式取引をしたら必ず取引記録をつける

自分の取引記録をつけることはとても重要です。

理由は収入を明確に数値化できることと、PDCAのサイクルを回せるからです。

また、PDCAのサイクルを回すにあたって抑えておきたいことは、いつどの銘柄をどういう根拠で買ったのか、またなぜ利益がでた、損失を出したかを分析することです。

一方で取引記録のフォーマットに関しては、自分さえわかればなんでも結構です。

フォーマットは、カブスル(https://kabusyo.com/buy/trade-exel.html)にエクセル形式で良いテンプレートがあるので使ってみるのもありです。

証券会社がありすぎて選べない

悩める大学生

証券会社がありすぎてどれを選んだらいいかわからない…!

選択肢が多くなると選ぶのって難しいですよね。

迷われている方には特にLINE証券はおすすめですよ!

LINE証券の特徴
  • 他の証券会社と比べてキャンペーン内容が豪華(最大4,000円相当もらえる!)
  • 1株〜取引ができるので、少ない金額で始められる
  • 仕事、学校終わりの時間でも取引ができる

LINE証券では、1株から取引ができる「いちかぶ」というサービスを展開していることに加えて、他の証券会社よりもキャンペーンが豪華に設定されています。

キャンペーンはいつ終了してもおかしくはないので、お早めにゲットしましょう。

大学生が株をするときの注意点

大学生が株をする際に注意するべきことを挙げてみました。

  • 103万の壁に注意する
  • 未成年の方が口座開設するときは親の同意が必要
  • 感情的にならない

103万の壁に注意する

1年間(その年の1月1日〜12月末)で103万円以上の収入を得てしまうと、親の扶養から外れ、ご自身が税金を多く払うことになる他、親が支払う税金も増えます。

これは取引記録をつけることで、未然に防ぐことができるので、株式取引とバイトのバランスを見ながらコントロールしていきましょう。

未成年の方が口座開設するときは親の同意が必要

未成年の方も未成年口座という形で証券講座を保有することが可能です。

ただし、未成年口座口座開設には親の同意が必要であるため、もし証券口座を持とうと考えている方は、事前に相談しておくことをおすすめします。

感情的にならない

株式を保有あるいは取引をしている最中に言えることです。

どういうことかというと、感情的に取引をしてしまうと損失が膨れ上がったり、はたまた思わぬ損失を生んだりします。

トニー

自分は感情的にならないと思っていても、含み損がふくらんできたりすると、つい冷静さを欠いてしまうんですよね、、、

株式取引において感情的になって良いことは1つもないので、常に冷静な判断をすることを心がけましょう。

実は投資の「マイルール」つまり、基準を設けることで、感情的な行動を抑えることができます。

「マイルール」の作り方に関して、「【稼ぐための】投資の「マイルール」の作り方|初心者向け」で詳しく解説しているので、ご覧ください。

大学生が株をやるメリット

大学生が株をするメリットをまとめてみました。

  • 就活のネタになる
  • マネーリテラシーが身に付く
  • バイト以外の収入になる

就活のネタになる

コロナ禍でイベントごとに参加できなくて、就活のネタに困る学生が多いそうです。

株式投資という経験をすることで、自分の強みにはなり得ないのかもしれませんが、少なくとも会話の話題やエピソードトークのネタになります。

トニー

僕自身、就活のネタに困ったことがあったので、大学生の頃から株式投資始めておいたらよかったなあと思うことがあります。

マネーリテラシーが身に付く

マネーリテラシーとは

マネーリテラシーとは金融リテラシーとも呼ばれ、お金の関する知識をもち上手く運用すること

株式投資に限らず、投資をすることによってマネリテラシーは身につき、高められていきます。

“金融リテラシー調査2019”によれば日本は米国と比べて、マネーリテラシーが低いと言われています。

グローバル社会で競争に打ち勝つには、マネーリテラシーを身につけることが必須の条件になってきます。

一方でマネーリテラシー資産形成金融詐欺の被害に遭いにくくなることにもつながります。

バイト以外の収入になる

最後はバイト以外の収入つまり副収入につながるというメリットです。

収入の柱は多いに越したことはありません。

このことは社会人になってからも言えることです。

副収入を得ることで、不測の事態に備えて、リスクを分散することができます。

【まとめ】株式投資をしないことによる機会損失は大きい

いかがでしたでしょうか。

今回は大学生が株を始める方法について解説してみました。

大学生って結構時間に余裕があったりするので、片手間でやるぐらいの軽い気持ちでやるのも全然僕はありだと思います。

また、口座開設するとお金がもらえたり、1株から始められるサービスを展開したりしている証券会社もるので、リスクを最小限に抑えることは可能だったりします。

そんなに構える必要はありません、まずは1歩踏み出してみましょう!

次につながる行動

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる