3,000円無料でゲットできるキャンペーン>>詳細はこちら

コインチェックからバイナンスにビットコインを送金する方法を解説

悩める読者

バイナンスで草コインを買いたくて、コインチェックからビットコインをバイナンスに送りたいんだけど、やり方がわからない…。
初めてで、間違えたくないから、詳しくやり方を教えて欲しい!

今回はこのような疑問にお答えしていきます。

バイナンスって、海外の暗号資産取引所ですし、少し不安ですよね。

バイナンスは日本語に対応している取引所の1つなので、操作に関しても安心してご利用できます。

この記事を読んでわかること
  • バイナンスの送金アドレスを確認する方法
  • コインチェックからビットコインをバイナンスに送金する方法
  • コインチェックの送金手数料
目次

バイナンスへの送金アドレスを確認

トニー

まずは、バイナンスにビットコインを送金するアドレスを確認します。

ダウンロードの左にあるアカウントのマークをクリックしてください。

すると、サイドバーが表示されます。

「ウォレット」→「フィアットと現物」の順に選択します。

それから「入金」をクリックしましょう。

送金したい通貨とネットワークを選択します。

ネットワークとは?

仮想通貨を送金する際の回線のこと。

どのネットワーク経由で仮想通貨を送金するのか?と理解すればOKです。

例えば、ビットコインを送金したい場合は、通貨を「BTC」でネットワークも「BTC」を選択します。

始めて送金をする場合は「アドレス取得」をクリックしてください。

トニー

赤で囲ったところが送金アドレスになりますので、アドレスをコピーします。

コインチェックからバイナンスに送金

トニー

コインチェックを開いて、「暗号資産の送金」をクリックしてください。

送金する通貨を「Bitcoin(ビットコイン)」にして、宛先を追加していきます。

「宛先を追加/編集」を選択してください。

「新規追加」を選択してから、宛先の情報を入力していきす。

通貨は「Bitcoin(ビットコイン)」、ラベルは自分がわかればなんでもOKです。

トニー

僕の場合はわかりやすくBINANCEとしました。

そして、宛先に先ほどコピーしたバイナンスの送金アドレスをペーストます。

最後に、コインチェックに登録している電話番号でSMS認証をして、「追加」をクリックすれば完了です。

あとは、項目にしたがって内容を入力していきましょう。

「追加」をクリックすると確認画面が表示されます。

下記の画像はETH(イーサリアム)となっていますが、ビットコインに置き換えてください。

2段階認証コードとチェックボックスにチェックをいれたら、「申込みを確定する」をクリックしてください。

申請内容はよく確認してください。ここの画面までだったら、修正することが可能です。
謝った内容で申込を確定すると、資金を失うことになりかねないのでご注意ください。

以上がコインチェックからバイナンスへビットコインを送金する手順になります。

バイナンスへの通貨の入金が反映されるまで、遅くて1時間程度かかります。

コインチェックが定めている送金手数料

ここからはコインチェックが定めている送金の際にかかる手数料を、通貨ごとに比較して、解説していきます。

暗号資産銘柄送金手数料
BTC(ビットコイン)0.0005BTC
ETH(イーサリアム)0.005ETH
LSK(リスク)0.1LSK
FCT(ファクトム)0.1FCT
XRP(リップル)0.15XRP
LTC(ライトコイン)0.0001LTC
BCH(ビットコインキャッシュ)0.001BCH
MONA(モナコイン)0.001MONA
XLM(ステラルーメン)0.01XLM
QTUM(クアンタム)0.01QTUM
BAT(ベーシックアテンショントークン)60.0BAT
IOST(アイオーエスティー)1.0 IOST
ENJ(エンジンコイン)25.0ENJ
OMG(オーエムジー)8.7OMG
ETC(イーサリアムクラッシック)0.01ETC
トニー

日本円に換算しないと手数料がいまいちピンとこないですよね。

例えば、代表的な通貨であるビットコインやイーサリアムの手数料(2022年5月時点)は下記の通りです。

  • ビットコインの送金手数料=0.0005BTC=約1,927円
  • イーサリアムの送金手数料=0.005ETH=約1,430円

となっています。

ビットコインとイーサリアムについては、CoinMarketCapの価格をのせておきますので、手数料を計算する際はご確認ください。

BTC(ビットコイン)

ETH(イーサリアム)

コインチェックからバイナンスに送金する際の注意点

最後にコインチェックからバイナンスに送金する際の注意点をまとめました。

注意すべきことは以下の通りです。順に説明します。

  • 送金アドレスを絶対に間違えない
  • 何回も送金しない

送金アドレスを絶対に間違えない

コインチェックからバイナンスに送金する際、宛先(アドレス)を入力します。

この宛先を絶対に間違えてはいけません。

仮に間違った宛先を入力し、送金をしてしまった場合、送金した暗号資産が戻ってこないという事態になりかねないからです。

送金のアドレスを間違えないためにも、以下のことを徹底しましょう。

  • 宛先の入力はコピペにする
  • コピペしたあとも最低2回は宛先を確認する

この宛先の入力ミスで何十万円という資産を失ったという例があるので、確認を怠らないようにしましょう。

何回も送金しない

何回も複数回にわたり送金をすると手数料がかさばってしまいます。

2022年5月時点で、ビットコインとイーサリアムの手数料を換算すると、次のようになります。

ビットコインの送金手数料=0.0005BTC=約1,927円
イーサリアムの送金手数料=0.005ETH=約1,430円

例えば、10回に分けて送金するとなると送金手数料だけで、2万円ほどかかってしまいますので、できるだけ、送金の際はまとめて行いましょう。

しかし、初めて送金する場合など、確認のために1回だけ少額送金してみるというのは、全然アリだと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる