3,000円無料でゲットできるキャンペーン>>詳細はこちら

LINE証券は危険?そんな口コミは無視すべき理由

この記事の筆者は実際にLINE証券で株式を取引したことがあります。

悩める読者

LINE証券は危険って検索予測にあるけど実際はどうなの?4,000円がもらえるキャンペーンは本当にもらえるの?

今回はこういった疑問にお答えしていきます。

この記事を読んでわかること
  • 「LINE証券は危険?」は無視すべき理由
  • LINE証券の徹底した安全管理
  • LINE証券の魅力3つ
  • 実際に利用してみた感想
目次

LINE証券は危険?は無視すべき理由

なぜLINE証券が危険と検索される理由を挙げながら、それを無視すべき理由を解説していきます。

  • ロスカットの危険がある
  • 比較的新しい証券会社なのでセキュリティが甘い

ロスカットの危険がある→どの証券会社でも同じことが言える

信用取引やCFD(差金決済取引)は、証拠金を元にレバレッジをかけて取引することができます。

レバレッジつまり、自己資金の3〜25倍の資金で取引ができるので、利益が大きくなるりますが一方で、損失を被った時のリスクも必然と大きくなります。

仮に、証拠金の範囲を超える損失を被った場合は追加証拠金という形で補填しなければなりませんし、さらにその損失が膨らんだ場合、強制的に建玉が売却されるロスカットが執行されます。

ロスカットは元本以上に損をする危険性があるということです。

しかし、信用取引やCFD(差金決済取引)はLINE証券に限らず、大半の証券会社で展開されているサービスなので、ロスカットという危険は、どの証券会社を利用しても同じことがいえます。

比較的新しい証券会社なのでセキュリティが甘い→徹底した安全のしくみ

比較的新しい証券会社なのでセキュリティが甘いのではないか?」という指摘がありますが、LINE証券は他の大手証券会社並みに安全のしくみを徹底しています。

具体的には、、、

  • LINE証券専用の取引暗証番号の設定
  • 資産の分別管理
  • 本人確認

が挙げられます。順番に解説します。

LINE証券専用の取引暗証番号の設定

LINE証券ではLINEのパスワードとは別に6桁の暗証番号を設定する必要があります。

そのため、パスワードを誰かに知られるというリスクを分散することができます。

資産の分別管理

LINE証券では法令に従い、ユーザーの資金を「分別保管」を行なっています。

万が一、LINE証券が経営破綻をした場合でも、LINE証券に預けている資産は返還されます。

そして、分別保管している分別金が不足した際は、日本投資者保護資金により、1人あたり1000万円を上限に補償がされます。

本人確認

LINE証券では犯罪組織のマネーロンダリング、テロ組織への資金流入など、犯罪やテロを防ぐ観点から、法律に基づく本人確認を行なっています。

本人確認には、マイナンバーカードの情報や生年月日などが記載されている公的な書類が用いられます。

※個人情報の取り扱いに関してはLINE証券プライバシーポリシーをご覧ください。

【経験談】LINE証券を利用してみて

僕自身、LINE証券の最大4,000円相当がもらえるキャンペーンを利用して、口座開設しました。

トニー

2021年10月に口座開設してから、日が経ちましたが、取引しててなんら問題はありません。

信用取引やCFD取引をしていないので、もちろんロスカットもありませんし、セキュリティが甘いということも全く感じていません。

初心者にも取引がしやすい様にアプリが設計されていることに加え、口座開設キャンペーンが他の証券会社と比べて豪華なので、LINE証券はおすすめです!

LINE証券の魅力

ここからはそんなLINE証券の魅力について解説していきます。

  • 他の証券会社と比べてキャンペーン内容が豪華
  • 1株〜取引ができるので、少ない金額で始められる
  • 仕事、学校終わりの時間でも取引ができる

他の証券会社と比べてキャンペーン内容が豪華

口座開設のキャンペーンとして、最大4,000円相当がタダでもらえるというキャンペーンは他の証券会社が行っているキャンペーンと比較してもかなり豪華だと言えます。

証券会社の口座開設キャンペーン例
証券会社キャンペーン報酬キャンペーン条件
最大4,000円相当をプレゼント。①キャンペーンにエントリーする
②口座開設する
③LINE証券にログインし、クイズに回答する
④3株(4,000円相当)をもらう、そして売却する
⑤1万円分の株を取得する
1,000円プレゼント。①楽天銀行と楽天証券口座をお持ちでない方
②楽天証券口座申込フォームで楽天銀行同時申込
③証券および銀行口座を開設しマネーブリッジ(自動入出金)の登録
マネックス証券最大2,000円をプレゼント。①新規に証券総合取引口座を開設および初回ログイン時のアンケート等への回答
②クイズに回答(出題数は2問)
※1問正解:1,000円プレゼント
 2問正解:2,000円プレゼント

証券会社が行っているキャンペーンはいつ終了するかわからないので、とりあえずエントリーだけでもしておくことをおすすめします。

\ 最大で4,000円ゲット /

簡単な手順で最大4,000円相当を獲得できるので、迷ったならLINE証券で間違いありません。

1株〜取引ができるので、少ない金額で始められる

通常、通常株式の購入単位は100株〜ですが、「いちかぶ」というLINE証券のサービスを利用することで、1株〜取引することができます。

つまり、より少ない予算で株をはじめることができるので、リスクをかなり抑えることができます。

初心者の方で、リスクを抑えたいっていう方におすすめです。

仕事、学校終わりの時間でも取引ができる

取引所の開設時間は平日の9:00~15:00です。

つまり、この時間以外の取引は基本的にできません。

しかし、先ほどご説明したLINE証券のいちかぶを利用すれば、最大平日の21:00までなら取引をすることができます。

平日は学校がある学生や、平日が仕事の会社員にとって、9:00~15:00は取引がしにくい時間帯であるため、そういった方にも優しいサービスをLINE証券は展開しています。

土日は取引ができないのでご注意を。

【まとめ】迷っているならLINE証券

今回、LINE証券は危険なのかについて僕自身の経験も含めて解説してきました。

LINE証券は危険だと言われているその内容は、他の証券会社にも同じことが言えたり、あるいは安全対策がしっかりとされていて、問題のない範囲だといえます。

初心者にも使いやすいことに加えて、4,000円相当がタダでもらえるキャンペーンも開催中ですので、この機会にLINE証券で投資家デビューしてみるのもありですね!

ネット証券を比較する

参考ページ:【7社比較】初心者におすすめ証券会社|何歳から口座開設できる?

主要ネット証券 おすすめ順特徴
\ 最大4,000円相当もらええる /

(5 / 5.0)
LINEアプリからできるので始めやすい
LINEアプリから出入金可能
1株から取引できる「いちかぶ」の取引手数料が無料

(5 / 5.0)
楽天ポイントが貯まる&使える
取引ツールが使い放題
情報誌の取り扱いも多数

(5 / 5.0)
IPO取り扱い銘柄が豊富
外国株式の取り扱いが豊富
信頼と実績

(4.5 / 5.0)
  25歳以下は株式取引(現物・信用)のボックスレート手数料が無料
1日の売買代金50万以下なら手数料が無料!
NISA手数料が永久無料
SMBC日興証券
(4.5 / 5.0)
 IPOの取扱銘柄が多数
  dポイントが貯まる
 セミナーが豊富
マネックス証券
(4 / 5.0)
  米国株の取扱銘柄が豊富
完全公平なIPO
オリジナルファンドへの投資
auカブコム証券
(4 / 5.0)
 自社開発ツールがランキングNo. 1
1日100万円まで手数料無料
  オンラインセミナーが毎週ある
 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる