LINE証券で現金3000円をタダでもらう方法と出金方法を解説

この記事は実際にLINE証券で3000円のキャンペーンを獲得した兼業投資家が書いています。

悩める人

LINE証券で3000円もらいたいけど、なんか難しそうだし、わかる人教えてほしいなあ、、

今回は全くの初心者の方でもわかりやすく丁寧に解説してみました!

トニー

実際に僕もこの初株チャンスキャンペーンを利用して3000円ゲットしています。

この記事を読むことで、初株チャンスキャンペーンで現金3000円をもらう手順が分かる他に、もらった3000円を出金する方法LINE証券のメリットや注意点、も分かります。

初株チャンスでLINE証券デビュー

クイズに1問以上正解すると最大1,000円相当の1株分の購入代金がもらえます。

いちかぶ取引で1回の取引総額が1万円以上の方に、現金3000円をプレゼント!
※合計で4,000円相当

簡単5分で完了!
目次

LINE証券で現金3000円をタダでもらう方法

早速、LINE証券で現金3000円をタダでもらう手順を5STEPで解説していきます!

LINE証券で現金3000円をタダでもらう手順
STEP
口座開設する

STEP
LINE証券にログインする

STEP
クイズに回答する

STEP
おまけ【+1000円獲得する手順】

STEP キャンペーンにエントリーする

キャンペーンの参加には口座開設後にLINEサービスに初めてログインを実施する前に、「エントリー」が必要となります。

参考:

公式サイトを開いたら、「キャンペーンにエントリーして口座開設申し込み」をタップします。

スマホの場合、下部バナーも表示されますがどちらをタップしても大丈夫です。

「LINEアカウントでログイン」を選択し、口座開設に移ります。

LINE証券のキャンペーンにエントリーする手順その①
LINE証券のキャンペーンにエントリーする手順その②

STEP② 口座開設する

ログインが完了したらいよいよ口座開設に進みます。

口座開設は5分ほどで完了します。

まずは「はじめる」をタップし、必要な情報を入力していきます。

LINE証券で口座開設する手順その①

口座開設にあたっての詳細な具体的手順は下記で詳しく解説をしています。

STEP③ LINE証券にログインする

無事に口座が開設されたら、次はクイズの回答に移ります。

LINEアプリよりLINE証券にログインしてください。

LINE証券にログインし、クイズに回答する手順その①

クイズの前に口座開設完了後は取引開始手続きを行う必要があります。(1分程度で完了します)

取引開始手続きのステップ

①6つの質問に回答(投資経験の有無などの簡単な質問です。)

②利用規約に同意

③暗証番号の入力

STEP④ クイズに回答する

クイズは全部で2問出題され、解答権は一度のみです。

LINE証券の規約上、クイズの回答はこちらに記載できませんが、ウェブで「LINE証券クイズ解答」と検索すれば、解答がありますのでご安心ください。

クイズに1問以上正解した方は最大1,000円相当の1株分の購入代金が付与されます。

また、キャンペーンでもらった現金はすぐに出金しても良いですし、または株の購入資金にしても良いですので自分にあった方法を選択してくさい。

もらった現金で株を購入することで、保有株が値上がりする可能性あることと、投資の勉強にもなるというメリットがあります。

参考:

STEP⑤ おまけ【+3000円獲得する手順】

初株キャンペーンのクイズに1問以上正解した方限定で、条件を達成するとさらに3000円が現金でもらえます。

その条件とは、いちかぶで10,000円以上の株を取引すること。

いちかぶから好きな銘柄を選択して、買うだけなので、1分あればキャンペーンの条件をクリアすることができます!

リスクが怖い人は買った株をすぐに売却することで実質無料で3000円を獲得することができます。

こちらは対象期間が口座開設の翌月末までなので、忘れずに早めにやっておくことをおすすめします。

参考:

LINE証券で3000円を出金する方法

ここまでご紹介してきた1000円分の株の購入代金がもらえるキャンペーンや、追加で3000円がもらえるキャンペーンの出金する手順について解説します!

トニー

すぐに出金したい方のみご覧ください。

LINE証券から出金できるのは「銀行口座」への出金か「LINE pay」への出金のどちらかになります。

おすすめは「LINE pay」への出金です。

理由は「銀行口座」への出金は220円の手数料がかかるのに対し、LINE pay」への出金は手数料がかからないからです。

下記の記事で出金方法については詳しく解説しているのでご覧ください。

LINE証券で株を始めてみるメリット

結論を言うと、LINE証券は始めて株をする方にとってメリットがたくさんあります。

今回はLINE証券で口座開設してみて、メリットだと思うことを厳選してみました。

  • 他の証券会社と比べてキャンペーン内容が豪華
  • 1株〜取引ができるので、少ない金額で始められる
  • 仕事、学校終わりの時間でも取引ができる

他の証券会社と比べてキャンペーン内容が豪華

口座開設のキャンペーンとして3000円がタダでもらえるというキャンペーンは他の証券会社が行っているキャンペーンと比較してもかなり豪華だと言えます。

証券会社の口座開設キャンペーン例
証券会社キャンペーン報酬キャンペーン条件
3000円プレゼント。①キャンペーンにエントリーする
②口座開設する
③LINE証券にログインする
④クイズに回答する
⑤1万円分の株を取得する
1000円プレゼント。①楽天銀行と楽天証券口座をお持ちでない方
②楽天証券口座申込フォームで楽天銀行同時申込
③証券および銀行口座を開設しマネーブリッジ(自動入出金)の登録
マネックス証券最大2000円をプレゼント。①新規に証券総合取引口座を開設および初回ログイン時のアンケート等への回答
②クイズに回答(出題数は2問)
※1問正解:1000円プレゼント
 2問正解:2000円プレゼント

証券会社が行っているキャンペーンはいつ終了するかわからないので、とりあえずエントリーだけでもしておくことをおすすめします。

簡単な手順で3000円を獲得できるので、迷ったならLINE証券で間違いありません。

参考:

1株〜取引ができるので、少ない金額で始められる

通常、通常株式の購入単位は100株〜ですが、「いちかぶ」というLINE証券のサービスを利用することで、1株〜取引することができます。

つまり、より少ない予算で株をはじめることができるので、リスクをかなり抑えることができます。

初心者の方で、リスクを抑えたいっていう方におすすめです。

仕事、学校終わりの時間でも取引ができる

取引所の開設時間は平日の9:00~15:00です。

つまり、この時間以外の取引は基本的にできません。

しかし、先ほどご説明したLINE証券のいちかぶを利用すれば、最大平日の21:00までなら取引をすることができます。

平日は学校がある学生や、平日が仕事の会社員にとって、9:00~15:00は取引がしにくい時間帯であるため、そういった方にも優しいサービスをLINE証券は展開しています。

また、曜日、時間帯によっては取引ができない場合があるので、取引可能な曜日、時間は下記より確認してください。

11:20~11:30
12:20~12:30
14:50~17:00

上記の時間帯に加え、土日祝はいちかぶで取引できないの注意が必要。

LINE証券の惜しいところ

先ほどはLINE証券の魅力について解説してきました。

ここからは、LINE証券のちょっと惜しいところをご紹介していきます。

  • 外国株の取引ができない
  • 投資信託の取扱銘柄が少ない

外国株の取引ができない

LINE証券は残念ながら、外国株の取り扱いはありません。国内の銘柄のみの取り扱いとなっています。

しかし、米国株の投資信託なら100円〜購入することができます。

もし、米国株の個別購入を検討している方は他の証券会社をおすすめします。

例えば、SBI証券楽天証券でしたら、米国株を含む外国株も個別に取り扱っています。

証券口座は複数もっていてもデメリットはないので自分ににあった証券会社で2つ以上口座を持つのも全然ありですよ。

投資信託の取扱銘柄が少ない

LINE証券で取り扱っている投資信託は30銘柄と他の証券会社と比べて少ない印象です。

先ほどご紹介したSBI証券や楽天証券は2,500銘柄以上の投資信託を取り扱っていますので、少し物足りなさを感じます。

初心者の方は、投資対象が少なければ、迷わなくてすむというメリットもありますが、投資信託をメインで考えるとLINE証券よりも他の証券会社を選択した方が良いでしょう。

【まとめ】5分で3000円がもらえる!まずは行動してみよう

トータルの作業時間としては5分ほどあれば、3000円がもらえるキャンペーンの条件を達成することができます。

キャンペーン自体も複雑ではないですし、クイズの問題も調べれば簡単に答えがわかるので、もし口座開設で迷っている方がいらっしゃるのであれば、LINE証券は特にお勧めです。

キャンペーンで得た報酬は現金やポイントに変換するもいいですし、投資のきっかけとして株をしばらく保有してみるのもアリだと思います!!

次につながる行動

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次